« 2011年4月 | トップページ

2011年5月

町民の声

町長選が終わって、はや、一ヶ月近くになります。 

澤山氏は、いまだに、敗戦の弁を、得々とブログで流していますが、如何でしょう。

7割の町民が、反澤山で動いた事実が厳然とあるのですから。

前町長として、犬の遠吠えは、見苦しいですよ。

町民の声は、よかった、よかった 役場へ行っても明るくなった。

私の聞く限り、こんな声ばかりですよ。

ただ、私たちにとりましては、想定内のことですが、㈱リ・ボルトの社長に当然のごとく

復帰しました。

町の金を、流し続けてきた会社の社長に就任するのは、前町長として、如何なものでしょう。このことは、私に対して、利権屋と言い続けてきた、貴方の意思に反するのではないですか。私からみれば、澤山保太郎が本当の利権屋ですよ。

いまだに、多くの町民に対して、直接・間接の裁判を続行中ですが、早く昔のように裁判もほとんど無い静かな町に帰りたいものです。

貴方は、告訴されたり、嫌がらせを受けた人が、どんな思いでいるか考えた事が有りますか。考えなければ、いくら東洋町で商売しても、成功することは有りませんよ。これは先輩の商売人としての忠告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ